あだちのブログ

演劇などを発表する団体「ビッケの一派」主宰の安達のブログ。

六月の家族。初日!

ついについについに!
本日初日!!!!

ありがたいことに初日と土曜夜、千秋楽が一旦満席となっておりましたが、
なんとなんと増席いたしました!

なのでまだまだチケットございます!!!!


本当に見届けて頂きたい舞台になりました。
荻窪でお待ちしております。


中野坂上デーモンズの憂鬱


f:id:kdomoadachideath:20150604105544j:plain

第五回本公演
『六月の家族。』

【出演】
鈴木はるか(フロアトポロジー
萩野肇
橋田祐里
安達可奈(ビッケの一派)
向井稜太郎(劇団ゾンビ思考)
三森麻美
松森モへー

【作・演出】
松森モへー

【ご挨拶】

おそらく家族の話になると思う。
このタイトルでそれで家族が出てこなかったら、もうそれは逆にうまいのだろうし、それこそ全く家族的要素のない例えば『イカの自慰行為について』みたいな芝居を作るセンスも私にはない。
まんがいち作ったとして、おそらくそのラストシーン、『イカ』が美しくオナるのだろうが、それはきっと生命の誕生と水と宇宙を彷彿とさせ、やがて見るものに己の家族を想わすだろう。
そうだ。それほど『家族』という言葉は強い。
すごい支配力だ。
だから私は脅えている。このタイトルにすごく脅えている。
こわい。負けそうだ。
そう、これは闘いである。『家族』との闘いなのである。
そしてその闘いから私は逃げる。
逃げて逃げて『家族』から遠く離れた芝居を作る。
そして振り返る。
するとイカが自慰行為をしながら追いかけてくる。
こわい。私は脅えている。
脅えながら中野坂上デーモンズの憂鬱、第五回本公演。
よろしくお願いいたします。

松森モヘー


【ありがたいお言葉】

家族ってなんだろう~!?うーん!むずかしい

しの(安達可奈の母)

父父父父父父父父父父父父父父父父父父父父

デーモンズの若者たちが、独特の世界観で挑戦する舞台をいつも楽しみにしています。
今回は「六月の家族」とか?わが家族史を暴かれるのではとおののきながら、それでもコワいもの見たさに、片目を押し開けて覗き見することになりそうです。

俊尚(松森モヘーの父)

母母母母母母母母母母母母母母母母母母母母

前回(デーモンクエスト)の作品では裸体の一部、それも中心部(汗)が露に成っており。。。まぁ、、、男と女の原石とも思える真相心理では有るが…。大笑いしました。
どんでん返しな感想が先立つ今回の作品へエールを送ります。
(愛)娘の人生=永遠の宝(家族の絆)~新たな形の家族形成スタート。以上。
応援しています。

真弓(三森麻美の母)


【会場】
荻窪小劇場
http://art-colline.com
〒167-0051
東京都杉並区荻窪3-47-18第五野村ビル1F

【日程】
6月4日(木)19:30
6月5日(金)14:00/19:30
6月6日(土)14:00/19:00
6月7日(日)13:00/18:00

【料金】
前売り2300円/当日2600円


【詳細サイト】
コリッチ舞台芸術
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=50697
(こちらのサイトからもチケットのご予約をしていただけます)

Facebook
https://www.facebook.com/events/1561191714160079/


【スタッフ】
照明……………葛生英之(日高舞台照明)
音響……………古関英貴
舞台監督………向井稜太郎(劇団ゾンビ思考)
当日製作………ふくおかかつひこ
宣伝イラスト…松森モへー
宣伝美術………松森藍子
企画・制作……中野坂上デーモンズの憂鬱

※開場は開演の20分前となっております。

ラストスパート

ブログあるある。
気づいたら20日くらい更新してなかった。


更新してない間何をしていたかというと、
デーモンズでどっぷり稽古しておりました。
さらには親睦を深め、
スタミナをつけるためにみんなで肉を喰らったり。

f:id:kdomoadachideath:20150529050059j:plain

こんなちゃんとしたお肉いつぶりに食べたでしょう。


本当に素敵な仲間たちと迎える公演です。
とうとうあと1週間切りました!
出演者全員見応えあります!
勿論世界観もデーモンズ節。
試練多かれど、
面白くするために最後の最後まで頑張ります。
わたしも楽しみ。
チケットまだまだございますのでいらしてくださいね!



中野坂上デーモンズの憂鬱
第五回本公演
『六月の家族。』

【出演】
鈴木はるか(フロアトポロジー
萩野肇
橋田祐里
安達可奈(ビッケの一派)
向井稜太郎(劇団ゾンビ思考)
三森麻美
松森モへー


【作・演出】
松森モへー


【ご挨拶】

おそらく家族の話になると思う。
このタイトルでそれで家族が出てこなかったら、もうそれは逆にうまいのだろうし、それこそ全く家族的要素のない例えば『イカの自慰行為について』みたいな芝居を作るセンスも私にはない。
まんがいち作ったとして、おそらくそのラストシーン、『イカ』が美しくオナるのだろうが、それはきっと生命の誕生と水と宇宙を彷彿とさせ、やがて見るものに己の家族を想わすだろう。
そうだ。それほど『家族』という言葉は強い。
すごい支配力だ。
だから私は脅えている。このタイトルにすごく脅えている。
こわい。負けそうだ。
そう、これは闘いである。『家族』との闘いなのである。
そしてその闘いから私は逃げる。
逃げて逃げて『家族』から遠く離れた芝居を作る。
そして振り返る。
するとイカが自慰行為をしながら追いかけてくる。
こわい。私は脅えている。
脅えながら中野坂上デーモンズの憂鬱、第五回本公演。
よろしくお願いいたします。

松森モヘー


【ありがたいお言葉】

家族ってなんだろう~!?うーん!むずかしい

しの(安達可奈の母)

父父父父父父父父父父父父父父父父父父父父

デーモンズの若者たちが、独特の世界観で挑戦する舞台をいつも楽しみにしています。
今回は「六月の家族」とか?わが家族史を暴かれるのではとおののきながら、それでもコワいもの見たさに、片目を押し開けて覗き見することになりそうです。

俊尚(松森モヘーの父)

母母母母母母母母母母母母母母母母母母母母

前回(デーモンクエスト)の作品では裸体の一部、それも中心部(汗)が露に成っており。。。まぁ、、、男と女の原石とも思える真相心理では有るが…。大笑いしました。
どんでん返しな感想が先立つ今回の作品へエールを送ります。
(愛)娘の人生=永遠の宝(家族の絆)~新たな形の家族形成スタート。以上。
応援しています。

真弓(三森麻美の母)


【会場】
荻窪小劇場
http://art-colline.com
〒167-0051
東京都杉並区荻窪3-47-18第五野村ビル1F

【日程】
6月4日(木)19:30
6月5日(金)14:00/19:30
6月6日(土)14:00/19:00
6月7日(日)13:00/18:00


【料金】
前売り2300円/当日2600円


【詳細サイト】
コリッチ舞台芸術
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=50697


Facebook
https://www.facebook.com/events/1561191714160079/


【スタッフ】
照明……………葛生英之(日高舞台照明)
音響……………古関英貴
舞台監督………向井稜太郎(劇団ゾンビ思考)
当日製作………ふくおかかつひこ
宣伝イラスト…松森モへー
宣伝美術………松森藍子
企画・制作……中野坂上デーモンズの憂鬱


【「中野坂上デーモンズの憂鬱」とは?】
ENBUゼミナール2011ノゾエ征爾クラス卒業生、松森モヘーを中心とし2011年に微動。
2012年、旗揚げ公演を前にチーム内での確執、裏切り、陰謀、争いの結果、松森モヘーのソロユニットとして始動する。
主に人間の生きたり死んだりについてを精神的に裕福な人生を送ってきた視点から描く作風はあまり人々に受け入れられていない。


※開場は開演の20分前となっております。




と、このブログ実は現時点でどこにもURL載せていなくて、
アクセスも勿論ほぼゼロだったんですけど、
ここに来て何故か伸びています!(笑)
原因不明だけどありがたや。
やはりデーモンズ効果でしょうか。
嬉しい。


f:id:kdomoadachideath:20150529045343j:plain

稽古だよ。

中野坂上デーモンズの憂鬱第五回公演
「六月の家族。」
絶賛稽古中です。


今日は座組で初めての飲み。
短い時間でしたが作品について言葉を交わすことが出来ました。
お酒も飲んで非常に有意義な時間。


絶賛コミュニケーション取りながら面白い芝居を作ります。
宜しくお願い致します。


f:id:kdomoadachideath:20150508000253j:plain
写真撮ったけど自分が入れなかったので、
無理矢理編集。


明日も頑張るぞ。
勿論ビッケもね。

家族というもの。

ビッケの一派安達です。

月曜更新は早くも崩れましたが、

ここで「あールール破っちゃったーだから俺はダメダメなんだもういいや」

ってなると、

記事たった2つにして二度と書かなくなってしまいそうなので、

めげずにつらつら行きたいと思います。

ちなみに前回まではスマホで文章を書いていたのですが、

今回からはPCでやっています。

断然に書きやすいです。

 

 

さて、前回エントリでご案内したように次に出演させて頂く舞台、

中野坂上デーモンズの憂鬱「六月の家族。」の稽古が今月から開始します。

チケットなど詳細はこちら♪↓

stage.corich.jp

 

今からとてもわくわくしております。

チラシもハードコアな感じ?でとても気に入っております。

 

 

まだ台本は頂いて無いので内容はわかりませんが、

家族の物語なのだと思います。

(紹介文にもありますがこのタイトルで家族関係無かったら逆にカッコいいかもしれません)

という芝居を控えているせいか、私も先日誕生日を迎え年を一つ重ねて、

自分と家族の関係について考えることが多くなりました。

 

 

家族問題というのは私はとても及び腰になります。

 

自分の家族には未だに心配ばっかかけていて

まだまだかけ続けてしまうことになるのですが、

それにしてもコミュニケーションの取り方に難があると反省しております。

親孝行したい時に親は無しという言葉が頭にリフレインして苦しいですが、

分かってるんだったらやればいいのにの極みです。

 

そしてまわりを見れば自分の家族を作っていても全然おかしくない年齢であって、

自分が育った家族、

そしてこれから作るかもしれない自分が親となる家族。

子であって親になるかもしれない自分。

どちらの視点でも家族を考えることがリアルになった今の状況で、

この作品に向かえるのは良いタイミングなのだと思います。

これを機にもっと家族というもっとも原始的かつ複雑怪奇な集合体について、

考えを巡らせていこうと思います。

 

その結果を是非とも覗きにいらしてくださいませ♪

 

 

このさきの予定

皆様こんばんは。
ビッケの一派主宰安達可奈です。
2回目の記事です。



2回目にしてなんとなく月曜日に更新しようかなと決めました。
でも張り切って連日書いたり逆に怠けたりもすると思うので、なんとなくです。
いい感じに更新したらひっそり自分を誉めようと思います。
そんなことでも誉めないと続かない脆弱な人間です。


さて、今日はわたくしの今後の予定について書きたいと思います。
まずは6月、

中野坂上デーモンズの憂鬱
第五回公演
「六月の家族。」
於・荻窪小劇場
6月4日(木)~7日(日)
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=63758

役者として出演致します。
中野坂上デーモンズの憂鬱さんは、
第一回から観客として拝見していて、
幸運にも第三回から出演させて貰っております。
作演出の松森モヘー君の作風は、
衝撃的にぶっ飛びぶっ壊れ混沌としながらも、
現実そんな問題を孕んだ社会を憂い、
彼独自の視線で社会を真っ直ぐ見つめる、かつユーモアを忘れない。
そんな一度観たらきっと忘れない舞台です。
そんなモヘー君が今回満を持して家族をテーマに一発ヤります。
これは楽しみです。

是非是非いらして下さい。
安達も毎度身体を張らせて貰っています。


と、まだ宣伝することがあり
実はそちらがメインと言えばメインくらいな感じなのですが、
この流れで書くとデーモンズで印象が薄れそうなので、
せこい理由で記事を分けます!
私としてはどちらの公演も本気も本気!
今年は本当に勝負かけています!


というわけで6月はデーモンズを宜しくお願い致します\(^^)/

誕生。

初めまして。
ビッケの一派主宰安達可奈と申します。
ビッケの一派という劇団の主宰をしています。



ほぼ誰も知らない劇団なのですが
今年の夏事実上の旗揚げ公演を行います。
そこで劇団のブログと、
せっかくなので主宰の個人ブログも始めることにしました。
まずはひっそりやって様子を見る予定です。


さて、記念すべき最初の記事です。
タイトルは「誕生」で、
今日はブログの誕生日でもあるのですが、
実は4月13日は安達の誕生日です。
あとベケットも4月13日生まれらしいです。
嬉しい。


そんなこんなで早くブログを書き終わらないと日付が14日になってしまうので今めちゃめちゃ焦っています。


こんな感じで演劇のことや日常についてつらつら書くブログにしていく予定です。
今後とも安達とビッケを宜しくお願いいたします。




安達可奈