安達可奈のブログ

演劇を発表する団体「ビッケの一派」主宰の安達のブログ。

【安達祭】終了です!

5月6日(土)に、安達祭が終了しました。


色んなSNSに感謝の言葉を書いて、最後にここに書いているのですが、
本当に、実現させて貰えたのが不思議なくらい、
周りの皆さんが支えてくれたイベントでした。


ここに書くのは他のところに書いてないことにしようと思ったのですが、
結局本当にモヘーくん始めデーモンズのみんなと、
GoodMorningComedyの鈴木くん、ありがたい諸先輩方、
安達のお友達の皆様、
謎の安達という役者を観に来てくださった安達を知らない皆様、
ただただ皆様のおかげで出来上がった公演というかイベントでした。


私は比喩でもなんでも無くなんにもしてなくて、ただ当日そこに居させてもらっただけでした。
それなのにこんなに暖かく迎えて、送り出してくださって、
何度も繰り返しですが、
本当に感謝しかありません。
正直出来なくなっちゃうかもしれないと、思ってました。


いつか恩返ししたい。
いつかじゃなくても日々、恩返し出来たらと思います。
私は人に優しくしてもらってもすぐ忘れてしまう人間な気がしているので、
忘れないように気をつけます。



いっぱい言いたいことがあって、
他のところにも書きましたが、結局まだ頭が整理出来てない気がして、
うまいこと言えません。
言わなくてもいいのかもしれないけど、
言い足りない寂しさも感じたりして。


考えすぎると哀しくなっちゃうので考えられないのかもしれません。
とにかく、楽しいイベントでした。
映像、残したい!


いっぱいの写真たち。
f:id:kdomoadachideath:20170511002340j:plain


f:id:kdomoadachideath:20170511002726j:plain


f:id:kdomoadachideath:20170511002743j:plain

f:id:kdomoadachideath:20170511002801j:plain

f:id:kdomoadachideath:20170511003700j:plainf:id:kdomoadachideath:20170511003711j:plainf:id:kdomoadachideath:20170511003724j:plainf:id:kdomoadachideath:20170511002653j:plain



オープニング映像用に100mのバンジーを飛んだのも、凄い経験でした。リバース。
またやりたい気もする。


さて、次の6月のデーモンズの公演が終わったら、私は北海道に一度帰ります。
どこにいてもこの気持ちを忘れないでいたいです。



安達祭の安達有識者会議というトンデモ企画の中で、
漫画家の河井克夫さんが「ブログを書けば良い」と言ってくれていたので、
ブログもなるべく書きたいと思います。2年経たないようにします。




それではまた。

安達祭

ご無沙汰しております。

ご無沙汰すぎて操作方法を忘れ、

さっき書いたばかりの記事を消して絶望しております。

 

『床の味』総括も全くしないうちに、なんと2年もの月日が経っていました。

なんという無精者でしょう。

ご来場頂いた方、まことにまことにありがとうございました!!

 

 

さて、今回も周りに多大なご迷惑をおかけしつつ、「安達祭」。

このようなありがたい祭りを実現して頂きました。

安達は皆さんに生かされて生きていると、本当に本当に実感しています。

ありがとうございます。

 

私の脚本のリーディングや、歌の発表、

何故かプロの漫画家の方を招いての安達座談会、

安達が身体を張ったオープニング…カオスティックかつ、エモーショナルな内容となっております。

安達を知ってる方、知らない方、みなさまに来て頂きたいお祭りイベントです。

 

『安達祭』

【出演】

河井克夫(漫画家)

鳥島明(はえぎわ)

鈴木タケシ

鐸木のすり

はぎの一

安楽涼

大貫隆

井手口裕樹

高橋花

三森麻美

松森モヘー

安達可奈

 

and secret guest……‼︎

 

詳細!!↓

 

http://demonssmile2525soc.wixsite.com/nakanosakaue-demons/blank-7

f:id:kdomoadachideath:20170506024214j:plain

 

わたしはこれからべっこう飴作りに励もうと思います。

感謝をこめて。

お待ちしております。

 

 

安達可奈

 

「床の味」初日。

ビッケの一派「床の味」初日です。
今日からの三日間のために、
やってきました。

本当に観て頂きたい。



ビッケの一派第一回本公演
『床の味(ゆかのあじ)』
作・演出/安達可奈
振り付け/阿部真理亜

【出演】
岡本唯(時々自動)
鐸木(すずき)のすり
南帆子

安達可奈(ビッケの一派)


*introduction*

朝から我慢ならぬ
暑さのなか
肌に触れる床は
ぺたりと熱を吸う
私はここにいつからいて
そしていつまでいるんだろう

【ご挨拶】

初めまして、
ビッケの一派です。
「ビッケの一派」という名前を頂いてから3年が経ちました。
迷走に迷走を重ね、時には敗走をして、
やっとのことで第一回本公演に辿り着きました。
そしてせっかくなので、
迷走中に感じた衝撃、
衝動、目眩く出会い、
新たに生じた欲求、
酸いも甘いも全て突っ込んで凝縮したものにしようと決意しました。
そういうことで本公演「床の味」は会話と身体への憧れをビッケなりに追求します。
もう多分自分達でも「これどうやって作ったんだろう」という感じで
もう二度と作れないような公演になるように挑みます。
果たしてビッケがどのようなビッケなのか、目撃頂ければ幸いです。

経過する時間、不可逆、
気怠い暑さ、冷たい床、
そして夢、
の、お話です。

作・演出 安達可奈

【会場】
Performing Gallery&Cafe「絵空箱」
東京都新宿区山吹町361 誠志堂ビル1~2階
(有楽町線江戸川橋」駅 徒歩2分/東西線「神楽坂」駅 徒歩9分)

【日程】
7月31日(金)  19:30~
8月1日(土)14:00~/19:00~
8月2日(日)13:00~/18:00~

【料金】
前売り2,000円/当日2,300円
※1ドリンク込み

【スタッフ】
照明    上川真由美
照明操作  向井稜太郎
音響    古関英貴
楽曲提供  下山百香
舞台監督  粕谷健太
当日制作  ふくおかかつひこ
宣伝美術  松森藍子
企画・制作 ビッケの一派




f:id:kdomoadachideath:20150731021352j:plain



f:id:kdomoadachideath:20150731021405j:plain



f:id:kdomoadachideath:20150731021417j:plain



f:id:kdomoadachideath:20150731021434j:plain


女座組ですが、
暴れます!!!!

ビッケの稽古②

ビッケ「床の味」稽古、15日目。
これで半分終了したことになります。


出演者みんな頑張ってくれてる。
いいなあ素敵だなあと思う瞬間が
沢山あるから、
その魅力を最大限に観てくれてる方に伝えたい。
演出の仕事。
やったるでい。


~~~~~~~~~~~~


「床の味」鋭意制作中でございます。
チケットは安達までご連絡頂ければご用意致します!
またはこちらのページからお申し込みをお願い致します↓
http://ticket.corich.jp/apply/66170/001/

_________________

ビッケの一派第一回本公演
『床の味(ゆかのあじ)』
作・演出/安達可奈
振り付け/阿部真理亜

【出演】
岡本唯(時々自動)
鐸木(すずき)のすり
南帆子

安達可奈(ビッケの一派)

【会場】
Performing Gallery&Cafe「絵空箱」
東京都新宿区山吹町361 誠志堂ビル1~2階
(有楽町線江戸川橋」駅 徒歩2分/東西線「神楽坂」駅 徒歩9分)

【日程】
7月31日(金)        19:30~
8月1日(土)   14:00~/19:00~
8月2日(日)   13:00~/18:00~

【料金】
前売り2,000円/当日2,300円
※1ドリンク込み

【お問い合わせ】
vicke.no.ippa@gmail.com まで!

【スタッフ】
照明    上川真由美
照明操作  向井稜太郎
音響    古関英貴
楽曲提供  下山百香
舞台監督  粕谷健太
当日制作  ふくおかかつひこ
宣伝美術  松森藍子
企画・制作 ビッケの一派

【ビッケの一派とは???】
ENBUゼミナール2011春期演劇コース福原充則卒業生、
安達可奈が主宰の演劇創作団体。
2012年に名前を授かるも、本公演の機会を待ちながら
3年寝太郎精神で今回の第一回本公演を迎える。
色々と限界の人間を描きながら、切ったら血の出そうなお話を届けたい。
ソリッドさと慈悲、毒とおかしみを一つの皿にのせて献上する。
名付け親はピチチ5福原充則氏。

下記こりっちページからもご予約出来ます★
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=52554



f:id:kdomoadachideath:20150712235109j:plain

ファミレスで色々作業。
頭パンクしそうだけど
やりたい事全部やりきりたい。

写真どでかくなるのどうにかしたい。
でも載せる写真無いので
開き直って自撮り。

ビッケ始まってます。

こんばんは安達です。

先日チラシが届きました^^

うれしお。

 

f:id:kdomoadachideath:20150709034758j:plain

稽古は勿論ですが今、宣伝活動もめっちゃ頑張っております。

主宰として、出来ることやるべきことはなんだろうか、と

考えてます。

そして考えて全部実行したいなあ。

力を貸してくれる方や楽しみにしてくれてる方のためにも本当に良い公演にしたいです!!!

 

 

チケットは安達までご連絡頂ければご用意致します!

またはこちらのページからお申し込みをお願い致します↓
http://ticket.corich.jp/apply/66170/001/

_________________

 

ビッケの一派第一回本公演
『床の味(ゆかのあじ)』
作・演出/安達可奈
振り付け/阿部真理亜

 

【出演】
岡本唯(時々自動)
鐸木(すずき)のすり
南帆子

安達可奈(ビッケの一派)

 

【会場】
Performing Gallery&Cafe「絵空箱」
東京都新宿区山吹町361 誠志堂ビル1~2階
(有楽町線江戸川橋」駅 徒歩2分/東西線「神楽坂」駅 徒歩9分)

 

【日程】
7月31日(金)        19:30~
8月1日(土)   14:00~/19:00~
8月2日(日)   13:00~/18:00~

 

【料金】
前売り2,000円/当日2,300円
※1ドリンク込み

 

【お問い合わせ】
vicke.no.ippa@gmail.com まで!

 

【スタッフ】 
照明    上川真由美
照明操作  向井稜太郎
音響    古関英貴
楽曲提供  下山百香
舞台監督  粕谷健太
当日制作  ふくおかかつひこ
宣伝美術  松森藍子
企画・制作 ビッケの一派

 

【ビッケの一派とは???】
ENBUゼミナール2011春期演劇コース福原充則卒業生、
安達可奈が主宰の演劇創作団体。
2012年に名前を授かるも、本公演の機会を待ちながら
3年寝太郎精神で今回の第一回本公演を迎える。
色々と限界の人間を描きながら、切ったら血の出そうなお話を届けたい。
ソリッドさと慈悲、毒とおかしみを一つの皿にのせて献上する。
名付け親はピチチ5福原充則氏。


下記こりっちページからもご予約出来ます★
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=52554

 

f:id:kdomoadachideath:20150709040249j:plain

 

稽古後みんなで食べた肉。

この写真が異常に大きくなるのどうしたら良いんでしょうか笑。

 

ビッケの一派第一回本公演「床の味」

前回出演公演が終了して約1カ月経ちました!!!!
さて、満を持して、満を持して、
今月末ビッケの一派が始まります!!!!
是非是非観てください。
どんと、みす、いっと…!!!!





ビッケの一派第一回本公演
『床の味(ゆかのあじ)』
作・演出/安達可奈
振り付け/阿部真理亜

【出演】
岡本唯(時々自動)
鐸木(すずき)のすり
南帆子

安達可奈(ビッケの一派)


*introduction*

朝から我慢ならぬ
暑さのなか
肌に触れる床は
ぺたりと熱を吸う
私はここにいつからいて
そしていつまでいるんだろう

【ご挨拶】

初めまして、
ビッケの一派です。
「ビッケの一派」という名前を頂いてから3年が経ちました。
迷走に迷走を重ね、時には敗走をして、
やっとのことで第一回本公演に辿り着きました。
そしてせっかくなので、
迷走中に感じた衝撃、
衝動、目眩く出会い、
新たに生じた欲求、
酸いも甘いも全て突っ込んで凝縮したものにしようと決意しました。
そういうことで本公演「床の味」は会話と身体への憧れをビッケなりに追求します。
もう多分自分達でも「これどうやって作ったんだろう」という感じで
もう二度と作れないような公演になるように挑みます。
果たしてビッケがどのようなビッケなのか、目撃頂ければ幸いです。

経過する時間、不可逆、
気怠い暑さ、冷たい床、
そして夢、
の、お話です。

作・演出 安達可奈

【会場】
Performing Gallery&Cafe「絵空箱」
東京都新宿区山吹町361 誠志堂ビル1~2階
(有楽町線江戸川橋」駅 徒歩2分/東西線「神楽坂」駅 徒歩9分)

【日程】
7月31日(金)  19:30~
8月1日(土)14:00~/19:00~
8月2日(日)13:00~/18:00~

【料金】
前売り2,000円/当日2,300円
※1ドリンク込み

【スタッフ】
照明    上川真由美
照明操作  向井稜太郎
音響    古関英貴
楽曲提供  下山百香
舞台監督  粕谷健太
当日制作  ふくおかかつひこ
宣伝美術  松森藍子
企画・制作 ビッケの一派



f:id:kdomoadachideath:20150706033503j:plain



f:id:kdomoadachideath:20150706033510j:plain

フライヤーもとてもお気に入り(*^^*)
皆様に手にとって頂きたい。
真摯に、やります!

中野坂上デーモンズの憂鬱「六月の家族。」終了

皆様に支えられ7日に千秋楽を迎えました。
本当にありがとうございました。

f:id:kdomoadachideath:20150611154059j:plain

家族のおはなし。
受け取り方は観た方次第の物語だと思いますが、
わたしは残された家族と家族を残さざるを得なかったひとの哀しみと救いのおはなしだと思いました。
あとドラえもんが大好きなのでドラえもんタイムパラドックス展開がひじょうにツボでした。
うまく表現出来ていたかが本当に悔しいところで。

デーモンズは1ステごとに色々考えさせられます。
自分のこと社会のこと。
考えたことを忘れず生きていこう。



個人的には力不足を実感!!!!
役者としてこのままでは絶対にあかん!!!!



f:id:kdomoadachideath:20150611155021j:plain



f:id:kdomoadachideath:20150611154043j:plain



f:id:kdomoadachideath:20150611155035j:plain


また成長して、出直します。
宜しくお願いいたします。